膿栓(のうせん)の取り方、治療、臭い玉、くさい玉、口臭対策

膿栓の取り方や治療、膿栓による口臭の治療、対策についてのサイトをまとめて紹介します

今すぐできる膿栓の予防方法についてまとめてみました

膿栓による口臭は、ほんの少し気を付けるだけでも予防の効果が期待できます。
普段の生活の中で実践できる基本的だけど、ちゃんと知っておきたい口臭対策を紹介します。

ここで紹介する口臭対策は、普段の生活の中でちょっと気を付けるだけで出来る事に限定しています。小難しくて面倒な事は書いていません。
そういうのは、続かないから意味がないですよね。

毎日歯磨きをしっかりする

膿栓(臭い玉)は、口の奥に食べかすなどが貯まって、固まって玉になる事が原因です。
毎日しっかり口の奥まで歯磨きをするようにしましょう。
口臭の原因は、膿栓だけではありませんので歯磨きをする事でその他の口臭の原因への対策にもなります。
基本的な事ですが、おろそかにしている人が多いのではないでしょうか。

私の場合は、朝はギリギリまで寝ている事が多くて歯磨きせずに出社する事が多いです。その対策として、会社に歯ブラシと歯磨き粉を置いておいてお昼休みに磨くようにしています。

緑茶や紅茶でうがいをする

緑茶や紅茶に含まれるカテキンは、細菌やウィルスの増殖を防ぐ効果があります。口臭の原因の1つとして口の中に細菌やウイルスが増殖する事が原因とされています。
細菌はまったくない状態には出来ませんが、多すぎるのは問題です。
出来るだけ増殖しないようにするために、うがいは効果的なんですね。
うがいと歯磨きは、口臭対策の定番なのでセットで実践したいです。

水をたくさん飲む

口臭の原因の1つとして唾液の分泌量が少ないという事が挙げられます。
普段から水をあまり飲まない方は、水道水で構わないので十分に水を飲むようにして下さい。水分は、唾液を作るために必要になります。
また、すぐに飲まずに口の中を潤してから飲むにようにしても良いかもしれません。
うがいの一歩手前という感じですね。

舌で口の中を刺激して唾液の分泌を促す

舌を口の中でぐるぐる回して、口の中をなめるようにしてみます。
こうすると、唾液を分泌する器官が刺激されて唾液が分泌されるようになります。
水分補給とセットで行うと効果的です。
唾液には、殺菌・抗菌作用がありますので、唾液の分泌を促す事が口臭対策につながります。

カテゴリ: [予防] [口臭] [膿栓] [臭い玉]