膿栓(のうせん)の取り方、治療、臭い玉、くさい玉、口臭対策

膿栓の取り方や治療、膿栓による口臭の治療、対策についてのサイトをまとめて紹介します

膿栓の原因と対策 - ウィキペディア

膿栓(のうせん)の原因・特徴、対策などが簡潔にまとめてあります。
さすがはインターネットの百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ですね。
簡単に概要をまとめてみます。

膿栓の原因・特徴

喉の奥には、細菌やウイルスが口の中に入ってこようとする事を防ぐ場所があります。
それが扁桃というものなのですが、これの表面に穴が開いています。
そこに食べカスなどがたまることで、膿栓が出来ます。
そのような特徴があるので、本来は誰にでも大きさに違いはありますが膿栓はあるそうです。
しかし、中には膿栓が大きくなり過ぎてしまって、悪臭を放つようになります。
それが、一般的に言われる膿栓、臭い玉です。

膿栓による口臭の対策

膿栓を取り除く際には、扁桃腺や粘膜を誤って傷つけてしまう恐れがあるため、
決して自分自身で無理に除去しようとはせず、耳鼻咽喉科などで除去してもらう事が推奨されます。
決して、自分の指や綿棒で取り除こうとはしないでくださいね。
膿栓や口臭全般の予防としては、緑茶や紅茶でうがいをこまめにするという事が有効です。
特に膿栓の原因は食べかすが喉の奥にたまることですから、うがいで洗い流すようにしましょう。

詳細はこちらから

カテゴリ: [予防] [口臭] [膿栓]